灰ビト。

精神発達遅滞と自閉症の真ん中に位置するキモクズぐだぐだブログ。その他チック症、引き篭もりがち。。

進行形に繋がったカウンセリング

とうとうカウンセリングを受けに、いつもの精神科へ行ってきた。病院には10分くらい早く到着。呼ばれるのを待っていた。

 

待つこと20分くらい、、、、

 

呼ばれる。

 

コンコンとノックをして、「失礼します。」と部屋に入ると、「癒やしの笑顔」みたいな感じで、むかえてくれた。、

 

SW「初めまして、ソーシャルワーカーの◯◯(名前)です。待たせてしまってごめんなさいね〜。」

 

と、(話し方とかマツコ・デラックスに似ている)男性のソーシャルワーカーのカウンセラーさん。オレも自己紹介して、話しを始めた。

 

話した内容は、

 

自傷の事

・ここ最近の調子はどうか?

・今までどんな仕事をやってきたか?

・趣味はなにか?

・今、なにをどうしたいか?

・将来的にどうしたいか?

 

など、たくさんの事を一つずつ話し合って、ゆっくりとオレの話しをきいてくれた。。オレは全ての事を、正直に話した。

 

特に中心になって話し合ったのは、

 

・今までどんな仕事をやってきたか?

・趣味はなにか?

・将来的にどうしたいか?

 

の話題で、今までの仕事は、社員でコーヒー工場、バイトでガソリンスタンド、同じくバイトでゲームショップの店員、ホームヘルパー2級の資格をとって、社員で、お年寄りが通うデイサービスの職員、その後、訪問介護の仕事、最後に作業所、、、

 

と答えた。すると、

 

SW「結構接客業が多いわね〜、接客は好きな方なの?」

 

ときかれたから、

 

オレ「嫌、、、正直、苦手です。」

 

と答えた。

 

SW「苦手なのに、良く頑張ってきたね。辛かった時もあったでしょ?」

 

オレ「はい、だから長続きしたことはありません、、。」

 

SW「趣味はなにかある〜?」

 

オレ「最近は全然やってませんが、簡単に音楽を創れるループシーケンサーソフトを使って、音楽を創る事が好きです。初音ミクって知ってますか?たいした事ない曲ですが、たまに歌わせて創ったりしてました。」

 

SW「初音ミクってあの声が高い人でしょ?(笑)千本桜の人でしょ?私も最近覚えたのよ(笑)。素敵な趣味だね。」

 

と面白い会話もはさみながら、話しが進んでいった。

 

そして最後に、「将来的にどうしたいか?」になり、

 

SW「10年後の自分ってどうしてると思う?」

 

ときかれた。

 

10年後、、、、、今は本当に何も見えない、、けど、10年後には、気分も安定して、普通に働く事ができてるかも

 

と思って、その気持ちを直接伝えた。

 

結果、

 

SW「じゃあ私、約束するわ。ちゃんと体調や気分も回復して、10年後には働く事ができるように、一緒についてくから。そのためにはまず、地盤を固めなきゃいけない。焦ることないから、少しずつその地盤を固めていきましょう、地盤ができれば、案外、上手く行くものなのよ〜。彼女も作ること(笑)。ただ、一つだけ約束して欲しい事があるの。それは、諦めない事。この気持ちは、大切にしていてね。」

 

この言葉をきいて、ふいに涙がこぼれた。

 

「諦めない気持ち」

 

オレは今までずっと何もかも諦めて、中途半端に生きてきた。そんな自分にとって、「諦めない気持ち」というものは、とてつもなく大きくて、重要なことなんだ、

 

と感じたから。オレはこのカウンセラーさんを信じて、お願いする事にした。

 

今は何も出来てないけど、10年後までに「何か」ができていると願って、

 

「これからよろしくお願いします。」

 

と。

 

今回のカウンセリングは、ここまで。30分近くも話しをきいてくれた。

 

そして、次回のカウンセリングは、また1週間後。これは、

 

「診察日までに、なるべく話しをいろいろときいておきたい」

 

というのと、

 

「定期的に通う事も大切だから」

 

の理由でそうなった。

 

 何も動かず仕舞いだった過去から、自分のために、「進行形」という形に繋がったカウンセリングだった。