灰ビト。

発達障害(アスペルガー症候群)、チック症、その他もろもろのキモクズぐだぐだブログ。引き篭もりがち。。

2回目のカウンセリング

今日は2回目のカウンセリングだった。今回もいろいろとプラスになる話し合いをする事ができた。

 

まず、この1週間どうだったか?。、

 

精神面は落ち着いていて、良好と言える感じだった。自分の中で苦しく感じてる事、自信がなくて生きづらさを感じてる事、死にたくなる事、、、。これらは前回のカウンセリングで、ゆっくり納得いくまで話し合いができたから、すっと心が楽になった。

 

ただ、からだがちょっと不調ぎみかも、、。。

 

そして、今日、中心になって話した事。

 

・人間の思考(自動思考だったかな?)について。

・少しずつ思考に自信をつけるために、「出来たノート」を書いてみる。

 

大きく分けてこの2つについて話し合った。

 

まず、人間の思考の話し。これは自分の考え方次第で、精神面や体調に

 

「大きな変化が出る。」

 

という話しだった。

 

たとえば、オレが凄く中の良い友達と、外でばったり会ったとする。そこで、挨拶をするが、

 

「相手に無視されてしまう。」

 

と言う状況に出くわす。そこで、自分はどう考えるか?もし、

 

「無視された………嫌われたのかな…、どうしよう……」

 

と落ち込んだ思考に繋がってしまった場合、精神面は言わずともボロボロ、それだけでなく、不安になって、「胸がドキドキする」など、体調にも影響するだろう(実際、オレはこうなりがち)。

 

でも、もし、さっきと同じ状況で、

 

「無視された、多分聴こえてなかったんだろうな。」

 

と、落ち込むことのない思考に繋がったとしたら、「まぁいっか、後でまた挨拶しよ。」と気楽に流す事が出来る。この場合、もちろん精神面も、体調面も、崩れる事はいっさいない事になる。

 

要するに、オレはまだその部分の人間関係の自信がないわけだ。

 

んで、

 

そこで登場したのが、

 

「出来たノート」である。

 

出来たノートとは、1日に自分の力で出来たことを、何でもいいから20個以上書いていくノートである。出来たことだけ、、、つまり、マイナス部分は、いっさい書かないのがルール。

 

なぜこんな事をするか?

 

出来たことだけを、自分で発見して書き込む事で、「喜びを感じる。」そこから少しずつ「喜びから自信に繋がる」ようにするのが狙いだ。

 

何でも自信に繋がれば、メンタル面も

 

「再構成」され、よりプラス思考になれる。いつの日か、プラス思考が「当たり前」のように身につけば、苦しいと感じる事は大幅に減るだろう。。

 

カウンセラーさんの話しをよくききいれ、オレは少しでも自信をつけたいから、

 

出来たノートをつける事にした。

 

ただ、この作業は、毎日やって、ゆっくりとマイナス思考を改善させる方法だ。もちろん時間はかかるかもしれないが、カウンセラーさんいわく、

 

「頑張って続けたら、絶対に自信つくわよ♪」

 

と言っていた。

 

だから、あわてず、ゆっくり、確実に、、、。

 

前向きに取り組むよ。

 

こんな感じかな?来週は、カウンセリングではなくて、受診するめに通院する。先生にも、良い報告ができたらいいな。再来週にまたカウンセリングだ。

 

こんな感じで、何となく前に進んでいると思う。、