灰ビト。

精神発達遅滞と自閉症の真ん中に位置するキモクズぐだぐだブログ。その他チック症、引き篭もりがち。。

約束

今日は3回目のカウンセリングだった。この1週間は、特に堕ちることもなく、逆に上がり過ぎる事もなく、安定して過ごせた。、用事もあって、外にも出てたし、こういう出来た事も「出来たノート」に書き込んでいるから、徐々に前進できていると思う。。

 

今回のカウンセリングは、約1時間ほど話しをきいてくれて、カウンセラーさんには感謝、感謝。、。、

 

チックの事も話したし、チックはいつか治るという事もわかった。カウンセラーさんから、

 

「チック、目立ってないから大丈夫よ〜♪」

 

って言ってもらえたから、少し安心した。

 

そして、

 

「気分が墜ちてしまって、死にたく感じてしまう時は、メンタルに何らかのストレスがたまってしまってるサイン」

 

だと教えてくれた。それをうまく対処するには、自分の中で「ストレス」になってる事とかを、よく考えて分析していって、「原因」となるものを探し出す事が重要らしい。そして「探しあてた原因と向き合ってみる」事も大切だと教えてくれた。

 

もし、1人じゃ解決できなくて、「死にたくなる感情」に襲われそうになったら、早めの段階で、

 

「一緒に相談して、解決していきましょう」

 

という感じになった。

 

そして、オレの一番の弱点の

 

「強いこだわり」について。具体的にどんなふうに強くこだわってしまうのかを、詳しく伝えた。

 

するとカウンセラーさんは、

 

「もし、その強いこだわりで、自分や時間に支障が出ているなら、こだわる前に、制限時間を決めておくといいわよ。」

 

と言うアドバイスがもらえた。このアドバイスは、かなり有効な気がしたね。最初から「こだわる時間」をしっかり決めておけば、無理なく強いこだわりから解放されそうだと思ったから。。制限時間内はいくらでもこだわってもいい。そのかわり、

 

制限時間がきたら、

 

「何が何でもこだわるのをやめる」

 

のをルールにする。

 

もし、また強いこだわりに襲われたら、実践してみる。、。

 

最後に、初めてオレが自分の思っている事を書いて、先生に渡しておいた紙を見せられてきかれた。

 

「今、この頃の自分が書いた内容の紙を見て、どう感じる?」

 

オレ「何か、、今見ると、本当にマイナス思考だらけだったんだなって思います(笑)。」

 

紙に書いてあった内容、、、、

 

めっちゃネガティブだったわ。

  

思わず苦笑いしてしまった。

 

カウンセラーさんに

 

「出来たノートの効果は、これからも続ければ続けるほど、もっと効果が出て、いつか自然とポジティブ思考が身につくから、あきらめずに続けてみてね♪」

 

と言われたから、「はい!続けます!」と答えた。

 

そして、大切な約束。。

 

煙草自傷の傷跡を見せてと言われたから、リストバンドを外して、見せた。

 

カウンセラーさんは、この傷跡は何年経てば消えるかな?ってつぶやいたあと、こう言ってきた。

 

「もうからだを傷つけるのはやめようね。しっかり私達も協力するから。」

 

オレは、約束する事にした。自信なんてないけど、約束は守りたい。そして、またひとつ前に進みたい。

 

そういう願いを込めてね。

 

今日は病院行くために、いつもより歩いた方だから、よく眠れそうだな。

 

眠りにつくまでの間、好きな事をやろう。。