灰ビト。

発達障害(アスペルガー症候群)、チック症、その他もろもろのキモクズぐだぐだブログ。引き篭もりがち。。

セルフモニタリング、特殊呼吸法

今回で4回目のカウンセリングに通ってきた。とにかく最初に伝えたかった事、

 

「また死にたい感情に襲われて心が沈んだ。」

 

「出来たノートがもしかしたらストレスになってるのかもしれない。」

 

この2点を伝えた。。

 

まず、死にたい感情に襲われた事について。

 

オレはカウンセラーさんに、自分の中で、何が原因かを探す事が出来たと伝えた。

 

これに関して、カウンセラーさんは、「ちゃんと原因になるものを探し出す事が出来て凄いね♪」と褒めてくれた。

 

次に出来たノートについて。

 

「出来たノート辛いかな?」

 

ときかれて、

 

「ノルマを達成のために、何かを探し続けるのが少し辛いです。」

 

と答えた。すると、カウンセラーさんから、あらためて、出来たノートの意味を教えてくれた。

 

「出来たノートはね、普段の生活の中で、自然と出来た事だけを書くノートだから、出来たノートのために、わざわざ出来る事を探さなくていいのよ♪」

 

そう言われてようやく気がついた。オレのやり方はちょっと間違っていたということを。

 

「出来たノート」のために何かを探しに行くのでは、意味がない。オレは自分で自分を縛りつけていたのかもしれない。それじゃあ逆効果になってしまう。

 

そして実際、心が沈んだ。

 

「出来たノート」の本来の効果を得るため、カウンセラーさんとよく話し合って、

 

ノルマにもこだわり過ぎず、書けるところまでで良いという条件で続ける事にした。

 

ちょっと心が安心。

 

あと、今日からもうひとつ、今後の自分のために、やる事を増やした。

 

それが、「セルフモニタリング」。

 

これは用紙に様々な項目が書いてあって、それらを数字で自分を「評価」すること。

 

これを取り入れることによって、気分の上がり下がりの波を、観察できると言う仕組み。

 

例えば、朝起きた時の気分が良ければ「5」、とか、気分がまぁまぁなら「3」など5段階の中で評価する。ほかの項目も同じように評価して、その書いた用紙を、次回のカウンセリングで、カウンセラーさんに渡して一緒に見てもらう。

 

そこで、1週間の流れを振り返って、話し合うという感じだ。

 

これはやるか、やらないかは自由で、やらなくてもよかったんだけど、復職という目標もあるし、やれることは、やってみようとおもって、やる事にした。

 

少しずつ頑張るよ。

 

最後に、「特殊呼吸法」を教わった。これは、「死にたい感情」が出た時に、気分を落ち着かせるための、方法。

 

カウンセラーさんは、死にたい感情が出てる時や、心がいきなり沈んでしまうのは、

 

「どこかでからだが緊張状態のようになっている。」

 

と説明してくれた。その緊張をちょっとでも減らす事ができるようにと伝授してくれた。薬で言うと、頓服のような感じだ。

 

今日のカウンセリングも、たくさんためになるお話しができたから良かった。

 

また一歩、「まっすぐな現実」を手に入れるため、踏み出すよ。。